FXデイトレードとは

仮想 通貨

仮想 通貨
" height="" />

仮想通貨 の
確定申告 を
税理士にお任せ

確定申告を行うプランに申し込みましたが計算してみて確定申告不要だった場合どうなりますか? 例えば雑所得が20万円以下となり、原則として確定申告が必要でない場合でもGuardianでは確定申告の実施を推奨しております。これは税務署に対して適切に損益計算を行っていることを示す点からも重要であるため、このような対応とさせていただいております。 仮想 通貨 料金の支払方法ってなにがありますか? お支払いはクレジットカードでの決済となります。対応カードはVISA, MasterCard, American Expressとなります。銀行振込でのお支払いいただくことも可能ですので、ご希望の場合はお申し込み時にお申し付けください。 追加料金ってかかりますか? 給与所得・雑所得以外の所得区分がある場合や特殊な所得控除・税額控除のある場合には、確定申告を代行する税理士の追加で発生する作業に応じて追加料金を設定しています。詳細はこちらをご参照ください。 料金はいつ支払いますか? ヒアリングシート回答後、弊社から利用料金を請求させていただきます。利用料金を確認していただき、お支払いいただきます。お支払いの時点で本申し込みとなり、サービスを開始いたします。 追加料金っていつ支払うの? ヒアリングシート回答後、内容を確認させていただき事業所得がある場合等予め追加料金が発生するとわかるものについては、弊社からお客様に連絡しお見積りさせていただきます。お見積りを確認していただき、お支払いいただく流れとなります。サービス開始後、臨時での対応が必要になった場合は、都度お見積りをしてお支払いいただく形となります。

お申し込みについて

前年確定申告していないけど申し込みできますか? 可能です。
ただし、前年以前の確定申告が必要な場合は追加で料金発生します。 また、前年以前から仮想通貨の取引をされている方については今年の所得の計算を実施するうえで、前年末(前年12月31日)時点での各通貨の保有数量、取得単価の情報が必要となります。
保有数量、取得単価の情報がないお客様におかれましては、ご自身で前年度以前の損益計算を行っていただくか、 弊社にて前年度以前の取引を考慮したうえで算定することも可能です。なお弊社にて計算を実施する場合には追加料金が発生いたします。
詳しくはこちらをご確認ください。 申し込み後のキャンセルはできますか? お申込み後、利用料金のお支払前まではキャンセル可能です。なお、キャンセルご希望の方はお手数ですがメールにてその旨お伝えください。なお、キャンセル時に発生する返金についての振込手数料およびその他の決済にかかる手数料を控除した金額はお客様負担となることにご留意ください。 年末前に早く申込むメリットはあるの? 仮想通貨取引による所得の計算や確定申告業務は実際には翌年以降からのスタートなります。ただし、年末よりも前からお申込者様に対して計算や確定申告に対する留意事項・事前準備事項をお伝えいたします。 また、お申込みいただいたタイミングから、仮想通貨以外の税務相談等も可能ですので、不安な点などあれば専門家である税理士に相談しながら、確定申告に臨むことが可能です。 いつまで申し込み可能ですか? 現在お申込の期限は決まっておりませんが、対応でできる人数にも限りがございますので予告なくお申込みを締め切る場合がざいます。確定申告を予定している場合にはお早めにお申込ください。

サービスについて

仮想通貨に関する損益計算だけでなく確定申告の代理までお願いできますか? 可能です。税理士により、確定申告書作成・提出を行わせていただきます。 計算結果はいつ頃もらえますか? 計算結果については、取引履歴を漏れなく完全に提出いただいたタイミングにもよりますが取引履歴を頂いてから1か月以内のお渡しを予定しております。 なお、損益計算を行うためには取引が記録された履歴が全て漏れなく必要になってきます。計算結果をスムーズにお渡しさせていただくためにも早めの取引履歴のご提出をお願いしております。 いつ確定申告書は提出されますか? 確定申告の提出については計算完了後になりますので3月5日~3月10日を目安としております。通常より早いタイミングでの申告書の提出をご希望の方はご相談ください。 税務調査についても対応いただけますか? 対応可能です。実働に応じて費用が発生しますので、別途お見積りを行わせていただきます。税務調査のみのご対応を希望される場合は「Guardian for 税務調査」をご利用ください。詳細はこちら 申告書の提出は自分でする必要がありますか? 税理士が電子申告にて申告書の提出を行います。希望される場合は、自身で提出することも可能です。 資料はどうやって共有すればいいですか? お客様専用のDropboxを用意しますので、そちらに提出いただく形となります。 申し込みはどうすればいいですか? HP上の「お申込み」より、お申込みフォームをご提出ください。内容を確認後、担当者よりご連絡差し上げます。 法人の計算だけお願いしたいのですが可能ですか? 可能です。ただし法人のお客様については個別見積もりとなりますのでHP画面右下の「サポート」よりお問い合わせください。 年内に一度計算してもらうことは可能ですか? お客様のご希望のタイミングで年内に計算を行うことが可能です。料金についてはこちらをご確認ください。

計算結果について

計算結果って正しいんですか? 計算結果については算定後、エアリアルパートナーズ内の社内専門家によるレビュー、担当税理士によるレビューを行うことで適正な損益計算が行える体制を整備しています。ただし、ご提出またはご提供いただいた取引データ、情報等に基づき損益計算を行っておりますので、取引データの網羅性、正確性についての一切保証するものではありません。 閉鎖した取引所を利用していたのですが計算はできますか? 利用している取引所が閉鎖した方はこちらをご確認ください。 取引所から取引履歴が取得できない場合でも計算できますか? 可能です。詳細についてはこちらをご確認ください。

税理士について

税理士の指定はできますか? 申し訳ございません。税理士が担当できるお客様数にも限りがあるため、原則として税理士の指定はできません。ヒアリングシートによりお客様の状況等を鑑みたうえで適切な担当税理士をアサインさせていただきます。 税理士と直接会えますか? 直接の面談は本サービスの対象外となります。面談をご希望の場合は別料金での対応となりますので詳しくはサポートまでお問い合わせください。 経費について相談できますか? 相談可能です。 税理士にはどうやって相談すればいいですか? お申込み後、基本的にchatworkにて、お客様とのグループチャットを作成します。そちらにて都度ご連絡ください。 いつからいつまで、税金の相談ができますか 顧問プラン、顧問プラン+の場合、お申込み後から確定申告終了月(3月末)までご相談が可能です。法人顧問プランは契約から1年間ご相談が可能です。 普段お願いしている税理士がいるのですが、仮想通貨の部分だけお願いできますか? 可能です。Guardianで仮想通貨の損益計算のみを実施し、確定申告は普段依頼されている税理士先生におまかせする場合は、基本料金から割引等はできかねますので予めご了承ください。

ステーブルコインの仮想通貨「全一覧」

どのステーブルコインを購入すべきか?という点で判断材料となるのは「信用性」だと思います。Tetherに関しては長らく疑惑を持たれ続けています。そういう意味では、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が承認したGemini dollarやPaxos Standardは信用度は高いと思われます。また、ステーブルコインに関しても1つに絞って保有をするのではなく、リスクを分散させるために複数のステーブルコインを保有するといった点が必要になると思われます。

米ドルを担保にしたステーブルコイン

現在、購入できる仮想通貨はTether、TrueUSD、Gemini dollar、Paxos Standard、USD Coinの5つです。

Tether (USDT/テザー):ブロックチェーンはOMNIを採用しており、一番最初に発行された米ドルペッグのステーブルコインです。2018年6月26日には275億円分のUSDTが発行されたことが判明しました。Tetherは実際にはペッグされたドルを保有していないのではないかという疑惑が長らく話題になり、信用性に関してはやや低い状況が続いています。また、2018年10月15日には本来は1USD=1USDTでなければならないものが、0.945あたりまで下降してペッグが外れるという現象が発生しました。ステーブルコインの仮想通貨の中では圧倒的な人気を有していたTetherですが、今後は様々なステーブルコインに分散していくものと思われます。Tetherが上場している仮想通貨取引所は、Binance、OKEx、BitForex、Huobi、Bitfinex、Kraken、Poloniexなどがあります。

TrueUSD(TUSD/トゥルーユーエスディー):イーサリアムのERC20に準拠しており、TrustToken(トラストトークン)によって発行されているステーブルコインです。TrueUSDが上場している仮想通貨取引所は、Binance、Bittrex、Upbit、Koinexなどがあります。

Gemini dollar(GUSD/ジェミニ・ダラー):ウィンクルボス兄弟(Winklevoss twins)とは、facebookのマーク・ザッカーバーグに勝訴し賠償金6500万ドル(約75億円)を得た兄弟としてアメリカでは有名です。その後はビットコインなどの仮想通貨に投資をしていました。
2015年にウィンクルボスは「Gemini(ジェミニ)」という仮想通貨取引所を創業します。2018年9月10日に「Gemini dollar(GUSD/ジェミニ・ダラー)」というステーブルコインをニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が承認しました。

Geminiのステーブルコインの特徴としてオープンAPIで監査可能であり、パブリックチェーン上で許可制スマートコントラクトを動かすハイブリッドとすることで、インセンティブ設計を無しに安全性・監査性を備えるアプローチを取っています。
この「Gemini dollar(GUSD)」は、イーサリアムのERC20に準拠したものでGeminiにて取引することができます。Gemini dollarが上場している仮想通貨取引所は、HitBTC、Bibox、OAX、LATOKENなどがあります。

Paxos Standard(PAX/パクソススタンダード):PAXOSは、ブロックチェーンをベースにした金融サービスを提供しており、決済や「itBit(イットビット)」にて仮想通貨取引所や仮想通貨の保管事業(カストディアン)の運営を行っています。
2018年9月10日にPAXOSが発行する「Paxos Standard (PAX/パクソン・スタンダード)」というステーブルコインをニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が承認しました。
「Paxos Standard(PAX)」は、イーサリアムのERC20に準拠したもので上場している仮想通貨取引所は、Binance、DigiFinex、Gate.io、ZB.COMなどがあります。

USD//Coin(USDC/ユーエスディー・コイン):仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)を買収した、アメリカのCircle(サークル)社より2018年9月に発行されたUSDCoin(USDC)というステーブルコインです。Circle社はゴールドマン・サックスから資金調達をしており、今後はステーブルコインを決済などに使っていくとしています。「USD 仮想 通貨 Coin」はイーサリアムのERC20に準拠したもので、上場している仮想通貨取引所はPoloniex、LATOKEN、Kucoin、CoinEXなどがあります。

Stronghold USD(ストロング・ユーエスディー):Strongholdという仮想通貨スタートアップがPrime Trustという企業を通して米ドルにペッグした仮想通貨が発行される予定です。
Stellar(ステラ)のブロックチェーン上で発行されることが特徴で、IBMもこのプロジェクトを支援するとしています。

日本円を担保にしたステーブルコイン

日本円を担保にしたステーブルコインは、現在2つ確認できています。現在購入できるのは「LCNEM」で、2019年に購入できるようになる予定なのが「GMO Japanese YEN」です。

LCNEM(エルシーネム):NEMウォレットを開発しているLCNEMが世界初の日本円を担保にした仮想通貨を発行しました。NEMのモザイクという独自トークン発行機能を使うことでコインを発行し、前払式支払手段での決済となるため、プリペイドカードなどのように法定通貨でポイントをあらかじめ購入する形で販売されます。

GMO Japanese YEN(GJY/ジーエムオー・ジャパニーズ・エン):GMOインターネットが日本円連動したステーブルコインを2019年にアジア地域に向けて発行するために、準備を開始したと2018年10月に発表しました。また為替政策の1つでとして、発行する円ペッグ通貨と同等の日本円を保有して価値を担保とするカレンシーボード制を検討しているとしています。

Grand Shores West:香港のブロックチェーンファンド企業である、Grand Shores Westが日本の銀行と組んで日本円にペッグしたステーブルコインを2018年末から2019年の間に発行するとしています。

ユーロを担保にしたステーブルコイン

・EURS:ファイナンス・トークン・プラットフォームのSTASISが、イーサリアムのERC20に準拠したユーロにペッグしたステーブルコインを発行しています。ロンドンの仮想通貨取引所、DSXにて売買が可能です。

中国の人民元(CNY)を担保にしたステーブルコイン

BitCNY(BITCNY):中国の人民元をペッグにしたステーブルコインで、BitShareというブロックチェーンを使って発行されています。上場している仮想通貨の取引所はCoinTiger、BitShares Asset Exchangeなどがあります。

金を担保にしたステーブルコイン

DigixDAO(DGX):DigixDAO(ディジックスダオ)が発行するステーブルコインで、Digixのブロックチェーン上に仮想通貨と実物資産である金の取引を証明、記録するシステムです。

原油を担保にしたステーブルコイン

Petro(ペトロ):ベネズエラである国家が発行する通貨として話題となったPetro(ペトロ)です。現在は購入することができず、目処も公開されていません。

仮想通貨担保型を担保にしたステーブルコイン

MakerDAO(DAI/ダイ):MakerDAO(メイカー・ダオ)が発行しているDAIは、ETH(イーサリアム)を担保にしたステーブルコインです。仮想通貨を担保としており、発行体の信用が不要であることが特徴です。

Havven(HAV):Havven(HAV)は二重トークンを担保にしたステーブルコインです。MakerDAOの担保制とBasisの無担保制を組み合わせたようなモデルが採用されています。

無担保型のステーブルコイン

・Basis(ベーシス):Basisはアルゴリズムを活用した中央銀行による安定した仮想通貨です。
・Saga(サーガ):ノーベル経済学者らによって発行されるデジタル通貨です。現在は発行されておらず、2019年1月~3月に発行される予定となっています。

・Reserve(仮想 通貨 リザーブ):Reserveはピーター・ティール氏、コインベース、ディストリビューテッド・グローバル、GSR.IOなど40の組織や団体から支援を取り付けた。500万ドルをシードラウンドでの資金調達も行われたようです。

・CarbonUSD(カーボン):CarbonはUSDにペッグした仮想通貨を発行する予定です。EOS上のブロックチェーンで最初のステーブルコインで、米ドルやCPI(消費者物価指数)とも関連し、トラストレスに動く仕組みを採用するとしています。DIGITAL CURRENCY GROUP、THE FUND、GENERAL CATALYSTなど複数のVCやクリプトファンドが投資をしています。

Libra(リブラ):世界最大のSNS、Facebook社がステーブルコインLibraを発行する予定です。詳細は明らかになっていませんが、米ドルにペッグした通貨を発行するものと思われ企業は広告を出稿する際にLibraを使って支払いを行ったり、ユーザーは広告を見ることでLibraをもらえる可能性があります。もらったLibraは、Libraのコンソーシアムに参画しているVisa、マスターカード、Paypal、Uberを通して利用できるものと思われます。

Binance GBP(バイナンスGBP):仮想通貨取引所の中で世界1位の取引量のBinanceは、BinanceGBPというステーブルコインを発行する計画があることが2019年6月6日に発表されました。ステーブルコインの発行は、1~2ヶ月後としていることから、2019年7月から8月の間に発行が開始される見込みです。

NFT=仮想通貨ではない!デジタルアートで収益化する仕組みとは

超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER

NFTのメリット・デメリットやリスク・問題点

NFTのメリット

従来は違法コピー等の問題により価値の出にくかったデジタルコンテンツが、唯一性を証明できることでマネタイズしやすくなります

また、コピー品であることがわかるため、違法コピーやデータ改ざんの抑制も期待できます。

NFTのデメリットや問題点

NFTはデータの唯一性を証明できますが、その出品者がそもそも著作権者であるかどうかを保証することは、現状では難しいと言えます。

NFTは誰でも発行可能で、著作権を持っていないデジタルデータの出品を完全に防ぐことは難しいでしょう。

また、鑑定書の役割を果たすNFTはコピー不可能ですが、デジタルデータそのものをコピーすることは可能。そのため、従来よりデジタルコンテンツの価値が増すとは言え、まだ解決すべき問題がある状態です。

NFTアートの売り方・出品方法

ここでは、「Adam byGMO」での出品方法について簡単にお伝えします。

「Adam」では、出品方法が一次出品と二次出品の2通りあります。

ここからは、二次出品(「Adam byGMO」で保有しているNFTアイテムの出品)方法を簡単にお伝えします。

1. NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」へアクセス

  • 「Adam byGMO」へアクセス

2. アカウント詳細情報/銀行口座/ウォレットの登録

  • 詳しい登録方法は、GMOアダム公式note「保有するNFTアイテムの出品に必要な情報について」をご確認ください

3. 通常販売形式の出品

  • 詳しい登録方法は、GMOアダム公式note「NFTの売り方(通常販売形式)」をご確認ください

4. オークション形式の出品

  • 詳しい登録方法は、GMOアダム公式note「NFTの売り方(オークション形式)」をご確認ください

【NFTの最新情報】各企業が続々と参入

NFTの収益化においては、前述した事例があるだけでなく、今も各企業が続々と参入している状況です。ここでは、そんなNFTの最新情報をお伝えします。

  • NFTマーケットプレイス「Adam 仮想 通貨 byGMO」β版を提供開始
  • NFTマーケットプレイス「nanakusa」が公認アーティストの受付開始
  • メジャーリーグが過去映像などをNFT化
  • グッチ(GUCCI)がNFTアートオークションに出品

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版を提供開始!

弊社グループのGMOアダム株式会社がNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版( https://adam.jp/ )の提供を開始いたしました。

NFTマーケットプレイス「nanakusa」が公認アーティストの受付開始

アーティスト・作家・イラストレーターのほか、ミュージシャン・動画クリエイターなど、幅広く募集。2021年5月末時点では、約80名のアーティストが在籍しています。

メジャーリーグが過去映像などをNFT化

グッチ(GUCCI)がNFTアートオークションに出品

ファッションブランドのグッチ(GUCCI)が、イギリスのNFTアートオークションに出品をしました。作品は、ブランドの最新コレクションの動画をベースとしたアートです

デジタルコンテンツに触れる機会が多い現代において、NFTは欠かせない仕組みと言えます。エンタメやアートなど、ほぼすべてがWeb上で完結するからこそ、クリエイターの権利や収益を確保するシステムが必要

仮想通貨、時価総額が1兆ドル割れ--2021年2月以来

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally 仮想 通貨 published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of 仮想 通貨 A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 仮想 通貨 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

仮想 通貨

Hacintosh

Hacintosh

こんにちは。あどまんです。 ビットコインを始め、仮想通貨バブルが再来し、国内でもようやく盛り上がってきたのではないでしょうか。 僕は2017年の元祖バブルを経験できていないため、2018~2019年の下落相場と比較することしかできませんが、.

UI綺麗!Gas代ステーブル対応!ウェブウォレット「Ambire Wallet」の魅力と始め方を解説

BINANCEにも上場している $ADX のAdEx Networkと同じチームが開発するAmbire Walletから 仮想 通貨 $WALLET がローンチするらしい。これちょっと注目しておこう。 DeFiウォレット、Ambire Walletが約3億円の資金調達を完了 https://t.co/Vr0asqDSaK — A.

TresureDAOの 「Smol Brains(通称:脳猿)」が愛おしくてたまらない件について

#SmolBrains @SmolBrainsNFT TreasureDAOプロジェクトの1つで通称「脳猿」と呼ばれるNFTを遂に購入。脳猿は2体保有しないといけないようなのでもう1体購入せな. 。このプロジェクトはいくら金があっても足りんw この脳猿を育てていくと脳が拡大し、後々に 仮想 通貨 $MAGIC が掘れるようになる.

合計3時間半にも渡るAMAで終始200人以上もの方々に参加して頂き、大盛り上がりで終われてよかった。 TreasureDAO(@Treasure_DAO)はこれからもっともっと進化し続けるプロジェクトだと確信したので引き続きADMENDAO全体として応援していきます🤩🤩 https://.

STARLYについて解説 | FLOWエコシステムのマーケットプレイス

今回の仮想通貨バブルはNFTが世に広く知られるきっかけになったと思います。 国内だと9月に元SMAPの香取慎吾さんがNFT販売したり、スクウェア・エニックスがブロックチェーン事業を開始することで話題になりました。 海外ではadidasやNIKE,GUCCIなど僕も大好きなファッションブランドが次々とNFTに参入してきま.

アメリカ最大の取引所Coinbaseは一体なにがすごいのか?

仮想通貨取引で大きなファンダの材料とされるのは、大手の取引所への上場や取引所からの資金調達成功など、取引所絡みであることが多いですよね。 そんな中でも【Binance】や【FTX】に並びよく名前が上がるのが、アメリカ最大の取引所【Coinbase】 その歴史は古く2012年の6月20日と取引所の中でも最古参の部類ですが.

Acalaの特徴・詳細を解説 | 1回目のPLOに勝利した大注目プロジェクト

1年で140倍も上昇したTerra(LUNA)について | USTとの関係性も解説

$LUNA ATH更新!この地合いでこれは凄い。StarTerraがきっかけでTerraエコシステムに興味持ち始めたけど、Solanaを追随するだけのポテンシャルは全然ある。これでAMMやlaunchpadが盛り上がってきたらDOT抜いてもおかしくない気がする pic.twitter.com/r48inxUM4F — .

a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)とは?注目される理由を解説

immutable Xの特徴・詳細について|注目のEthereumレイヤー2ソリューション

ERC上でNFTの売買を行うと、Gas代高いしトランザクションの処理も時間かかるしウォレットにも上手く反映されないし色々とストレスを感じます。 今回はそれらの課題を解決するNFTに特化したEthereumのレイヤー2プロジェクト「Immutable X」というプロジェクトをご紹介します。 Immutable XはNFT.

ただ暮らしているだけで、勝手に仮想通貨が溜まっていくアプリ『Nodle cash』とは

僕が注目しているプロジェクトのひとつ【Nodle】がクラウドローンを開始しました。 開始からわずか1日で10万DOT(約3億円)以上が預けられており、オークションを勝ち抜き、スロットを獲得することはほぼ間違いなさそうです。 そこで今回は、プロジェクトの概要とクラウドローンの参加方法について解説します。 2021年12月.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる