取引プラットフォーム

ファンダメンタルズ分析の特徴

ファンダメンタルズ分析の特徴
中央銀行

2022.6 FOMC前の経済指標などの振り返り

中央銀行

こんな疑問がある方のために、記事を書きました。

パウエル議長会見では何が発言されるの?

今回の記事は
これまでの経済指標からFOMCでどんな内容が発言されるか、無謀にも予測しよう記事となります。

記事が、タメになったと思われたら、 “SNS”“リンク” で紹介 して頂けると今後の励みになります。

FRBの仕事

FRBには2つの役目があります。それが『雇用の安定』『インフレ抑制』です。

FRBのスタンスとしては、 ジャブジャブに増やした通貨を回収 したい。

そして、 経済成長の延命を図る ために利上げで過熱感を取り除く、また、 景気減速局面に『利下げ』ができるようにしたい 。とういうスタンスが表れています。

そのため、雇用が強ければ利上げの観測が出て、インフレが収まってきている指標がでれば、利上げペースの鈍化の観測がでます。

・雇用統計→強い
・景況指数→強い
・CPI→強い
➞FRBの早期利上げが必要とされる水準

6月3日に発表された5月の米国雇用統計では、非農業部門の就業者数は予想31.8万人に対し、前月から39万人増(前月43.6万人増)となりました。

失業率は3.6%と予想3.5%と比べ、若干上回るものの前月と同じでした。

非農業部門の39万人という数字は『非常に強い』と言う判断 ができます。

予想56.5に対し、55.9(前月57.1)予想を下回るものの、 依然50を超えており景気拡大 と判断されます。

景況指数は消費者マインドを表しており、50を 景気拡大 と 縮小の 目安と されています 。

CPI(消費者物価指数)

先日発表された、5月のCPIは8.6%でした。 前月比で1.0% (前回0.3%)と インフレが収まっていないと認識できる数値 でした。

FOMC後の会見予想

FOMC前における経済指標はどれも利上げを行うに躊躇しない内容となります。

そこで、今 注目されているのが『利上げ幅』 です。

Fed Watch

CMEのFed Watchを見ると、現時点では 6月の利上げ幅は75bp で、1.5%~1.75%となります。

次のFOMC後となる 7月の利上げでは75bpの利上げ を予想されています。

9月では50bp 、 11月は50bp と続き、11月FOMC後には3.25~3.5%との予想になります。

これまで、3ヶ月連続で50bpと言われていましたが、今度は75bpを盛り込み2022年中に3.5%となる予想が出ています

CPIの季節別事情について

5月のCPI値には大きな疑問があります。それは 「季節別の需要が適切に織り込まれているのか?」 という事です。

これに合わせて、1月~3月は転勤などの住居変更に伴う強い 『需要』と『賃貸』の更新が発生 します。同じところに住み続けるためには賃貸の上昇を容認するしかありません。

FRBが政策金利を0.75%利上げへ。27年7ヶ月ぶりの大幅利上げか。

FRBが政策金利を0.75%利上げへ。27年7ヶ月ぶりの大幅利上げか。

Red Percentage Sign On The Increasing Staircase Blue Arrow Against Gray Background

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はFRB政策金利0.75%利上げ決定27年7ヶ月ぶり大幅利上げとなることや年収300万円以下年間6万円負担増予想していること、来週のガソリン価格215円を超える可能性やWHOサル痘による天然痘ワクチン医療従事者接種推奨していることについて考察していきます。

テレビ新聞 などが 情報 を流す 情報戦争 の中で「 真実 」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

成長を収穫し変化を活かす 2022年5月

1. 企業のフランチャイズ力を評価
企業が長期にわたって競争力を維持する能力の大部分は、競争優位性、資本配分、経営陣、企業風土によって支えられる。これらのファクターが合わさり、企業のフランチャイズ力に対する我々の見解を構成している。事業を評価する際にこれらのファクターが中心的な役割を果たしていることを立証している文献は、ここ数十年間で特に成功を収めてきた投資家によるものを含め豊富に存在する。 [6,7,8]

2. 財務状態を評価
利益や成長性の安定や改善は、利益の変動性が高いことよりも好ましい。財務状態を評価することは、長期的な勝ち組を特定するということであるが、リスクを特定し落とし穴を回避するということでもある。

3. アジアにおけるESGファクターを考慮
ESG分析が持続的な超過収益の創出に関係していることにもはや異論はなかろう。いくつかの面において、アジアは先進市場に比べるとESGの旅路の序盤にあることは確かだが、このことは逆説的にその重要性をさらに一層高めている。ポジティブな変化が起これば、より長期にわたってすべてのステークホルダーがより大きな報いを得られる可能性があるからだ。 [12]

ESGは、株主の利益に重大な影響を及ぼす場合に特に重要となる。したがって、ESGの分析評価は、投資プロセスに完全に組み込まれた場合に最も効果的になると考えている。我々は、アジアにおいて現在重要なもの、そして今後重要になる可能性のあるものに注目している。 [13,14]

4. 外的ドライバー
企業の見通しの評価は、外的なドライバーの分析なくしては完全なものとならない。これは企業の事業運営環境であり、成長にとって好ましいものか、視界は良好か、長期的に続く可能性があるかなどをみていく。

当チームでは、潜在的な市場規模が大きく価格決定力のある企業を好んでいる。また、これらの企業は、産業や国のライフサイクルの序盤~中盤にあり、規制および競争面において有利に働く追い風を受けていなければならない。 [15,16] これらの条件が合わさることで、最も優れた企業は利益を最大化し成長を持続させることができるのだ。

変化の方程式にバリュエーションを組み込む

アジアの多様性が画一的なパッシブ的アプローチを不可能としているように、それと同じことはバリュエーションにも当てはまる。あらゆる投資に当てはまる指標やモデルなど存在しない。 [17,18] バリュエーションに関するアプローチは、ファンダメンタルズの変化またはリターンの持続性がどれほど投資テーマに関係しているか次第となる。例えば、革新的なバイオテクノロジー企業であれば、投資テーマが主にファンダメンタルズの変化に基づいていることから、パイプラインの成功確率に基づく利益モデルを用いてバリュエーション面の判断が行われるかもしれない。一方、成熟した信用システム下にある銀行であれば、リターンの持続性の方がより合っており、PBR(株価純資産倍率)に対するROE(株主資本利益率)や成長性でリターンの持続性がモデル化される。

多様な要素を組み合わせたモデル

我々は、企業の長期的なリターンの持続性に影響を及ぼすファンダメンタルズの変化、ポジティブな変化とネガティブな変化の両方を特定することをめざしている。リターンの持続性とファンダメンタルズの変化を軸とした企業の分布を可視化すると、4つの区分に分けることができる。

  • 左下のグループには、ファンダメンタルズが悪化または停滞しており、リターンの持続性に欠ける銘柄が含まれる。これらは「バリュー」株の特性を示す場合が多い。
  • 左上のグループには、高い持続的リターンを達成しているもののファンダメンタルズの変化がほぼみられないか、場合によってはネガティブな変化が起きている銘柄が含まれる。これらは「クオリティ」株の特性を示す場合が多い。
  • 右下のグループは、ファンダメンタルズの変化の度合いは大きいものの、リターンの持続性が限られている銘柄である。これらは売上高を牽引役とする「グロース」株の特性を示す場合が多い。

最適な「スイートスポット」となる右上のグループは、市場が過小評価している場合が多い2つの重要な分野、つまりファンダメンタルズの変化を原動力とする高い持続的リターンおよび成長が組み合わさっている。

分析評価は、絶え間なく変化する環境に適合するダイナミックなものでなければならない。株式は、ファンダメンタルズのポジティブな変化が持続的リターンという形で表れていく「道のり」を辿ることがよくある。我々にとって理想的な投資先とは、高い持続的リターンを達成し、ファンダメンタルズの変化が実際にみられ、それら両方が株価に十分に織り込まれていない銘柄である。我々が特定の「スタイル」の投資を好む投資家と違う点は、スタイル区分の存在しないファンダメンタルズの変化を重視していることである。

「万事変わりゆくことを悟れば、しがみつこうとするものなどなくなる」古代中国の思想家・老子の言葉

我々があまりにもよく目にするのは、投資資金の配分決定者が従来はうまくいったものの現在では適切でなくなっている見解や戦略にしがみつこうとしている姿だ。 [22] アジアのように変化の速い地域において、そうした独断的なアプローチは長期的には平均以下のパフォーマンスをもたらす可能性が高い。

したがって、変化を先取りし理解しようとすることが我々のアプローチ全体の柱となっている。

米国の作家ウィリアム・アーサー・ウォード曰く、「悲観的な者は出てきた風に不満を漏らし、楽観的な者は状況が変わると期待し、現実的な者は帆を調整する」のである。

参考文献

  1. "Diffusion of Innovations" Everett M. Rogers (1962)
  2. "The Change Function: Why Some Technologies Take Off and Others Crash and Burn" Pip Coburn
  3. "Bubbles & Crashes: The Boom and Bust of Technological Innovation" Brent Goldfarb & David Kirsch
  4. "Engines That Move Markets" Alasdair Nairn
  5. "When do family firms have an advantage in transitioning economies" ER Banalieva (2015)
  6. "The Essays of Warren Buffet: Lessons for Corporate America", Lawrence A. Cunningham
  7. "Measuring the Moat: Assessing the Magnitude and Sustainability of Value Creation"; “Capital ファンダメンタルズ分析の特徴 Allocation”, Mauboussin and Callahan, Credit Suisse (2014, 2015)
  8. "Firms and the Competitive Advantage Period" Brett C. Olsen (2013)
  9. "Family Ownership and financial performance relations in emerging markets" Wang, Kun Tracy & Shailer, Greg, 2017
  10. "ファンダメンタルズ分析の特徴 ファンダメンタルズ分析の特徴 Asian Godfathers" & "How Asia Works", Joe Studwell
  11. “The Unusual Billionaires” Saurabh Mukherjea
  12. "ESG and Financial Performance: Aggregated evidence from more than 2000 empirical studies" G. Friede (2015)
  13. "ファンダメンタルズ分析の特徴 Investing for long-term value creation" Dirk Schoenmaker (2019)
  14. "Where ESG Fails" Michael E. Porter, Institutional Investor (2019)
  15. "Competitive Strategy" Michael Porter (1980)
  16. “Total Addressable Market" and "The Base Rate Book - Sales Growth: Integrating the past to Better Anticipate the Future” Michael Mauboussin and Callahan, Credit Suisse (2015)
  17. "Book Value is an Incomplete Measure of Firm Size" Brent Leadbetter (2020)
  18. “Something of Value” Howard Marks (2021)
  19. CFA ファンダメンタルズ分析の特徴 Level II, Volume 4 - Equity
  20. "What does a Price-Earnings Multiple Mean"; “Estimating the Cost of Capital”, Mauboussin and Callahan, Credit Suisse (2014, 2015)
  21. “Investment Valuation: Tools and Techniques for Determining the Value of Any Asset” Aswath Damodaran
  22. “Adaptive Markets Hypothesis” Andrew Lo (2017)ファンダメンタルズ分析の特徴

投資顧問契約及び投資一任契約にかかる留意事項

(1) 価格変動リスク
(2) 流動性リスク
(3) 信用リスク
(4) 為替変動リスク
(5) カントリーリスク
(6) デリバティブリスク
(7) マーケット・ニュートラル戦略およびロング・ショート戦略固有のリスク

成長を収穫し変化を活かす 2022年5月

1. 企業のフランチャイズ力を評価
企業が長期にわたって競争力を維持する能力の大部分は、競争優位性、資本配分、経営陣、企業風土によって支えられる。これらのファクターが合わさり、企業のフランチャイズ力に対する我々の見解を構成している。事業を評価する際にこれらのファクターが中心的な役割を果たしていることを立証している文献は、ここ数十年間で特に成功を収めてきた投資家によるものを含め豊富に存在する。 [6,7,8]

2. 財務状態を評価
利益や成長性の安定や改善は、利益の変動性が高いことよりも好ましい。財務状態を評価することは、長期的な勝ち組を特定するということであるが、リスクを特定し落とし穴を回避するということでもある。

3. アジアにおけるESGファクターを考慮
ESG分析が持続的な超過収益の創出に関係していることにもはや異論はなかろう。いくつかの面において、アジアは先進市場に比べるとESGの旅路の序盤にあることは確かだが、このことは逆説的にその重要性をさらに一層高めている。ポジティブな変化が起これば、より長期にわたってすべてのステークホルダーがより大きな報いを得られる可能性があるからだ。 [12]

ESGは、株主の利益に重大な影響を及ぼす場合に特に重要となる。したがって、ESGの分析評価は、投資プロセスに完全に組み込まれた場合に最も効果的になると考えている。我々は、アジアにおいて現在重要なもの、そして今後重要になる可能性のあるものに注目している。 [13,14]

4. 外的ドライバー
企業の見通しの評価は、外的なドライバーの分析なくしては完全なものとならない。これは企業の事業運営環境であり、成長にとって好ましいものか、視界は良好か、長期的に続く可能性があるかなどをみていく。

当チームでは、潜在的な市場規模が大きく価格決定力のある企業を好んでいる。また、これらの企業は、産業や国のライフサイクルの序盤~中盤にあり、規制および競争面において有利に働く追い風を受けていなければならない。 [15,16] これらの条件が合わさることで、最も優れた企業は利益を最大化し成長を持続させることができるのだ。

変化の方程式にバリュエーションを組み込む

アジアの多様性が画一的なパッシブ的アプローチを不可能としているように、それと同じことはバリュエーションにも当てはまる。あらゆる投資に当てはまる指標やモデルなど存在しない。 [17,18] バリュエーションに関するアプローチは、ファンダメンタルズの変化またはリターンの持続性がどれほど投資テーマに関係しているか次第となる。例えば、革新的なバイオテクノロジー企業であれば、投資テーマが主にファンダメンタルズの変化に基づいていることから、パイプラインの成功確率に基づく利益モデルを用いてバリュエーション面の判断が行われるかもしれない。一方、成熟した信用システム下にある銀行であれば、リターンの持続性の方がより合っており、PBR(株価純資産倍率)に対するROE(株主資本利益率)や成長性でリターンの持続性がモデル化される。

多様な要素を組み合わせたモデル

我々は、企業の長期的なリターンの持続性に影響を及ぼすファンダメンタルズの変化、ポジティブな変化とネガティブな変化の両方を特定することをめざしている。リターンの持続性とファンダメンタルズの変化を軸とした企業の分布を可視化すると、4つの区分に分けることができる。

  • 左下のグループには、ファンダメンタルズが悪化または停滞しており、リターンの持続性に欠ける銘柄が含まれる。これらは「バリュー」株の特性を示す場合が多い。
  • 左上のグループには、高い持続的リターンを達成しているもののファンダメンタルズの変化がほぼみられないか、場合によってはネガティブな変化が起きている銘柄が含まれる。これらは「クオリティ」株の特性を示す場合が多い。
  • 右下のグループは、ファンダメンタルズの変化の度合いは大きいものの、リターンの持続性が限られている銘柄である。これらは売上高を牽引役とする「グロース」株の特性を示す場合が多い。

最適な「スイートスポット」となる右上のグループは、市場が過小評価している場合が多い2つの重要な分野、つまりファンダメンタルズの変化を原動力とする高い持続的リターンおよび成長が組み合わさっている。

分析評価は、絶え間なく変化する環境に適合するダイナミックなものでなければならない。株式は、ファンダメンタルズのポジティブな変化が持続的リターンという形で表れていく「道のり」を辿ることがよくある。我々にとって理想的な投資先とは、高い持続的リターンを達成し、ファンダメンタルズの変化が実際にみられ、それら両方が株価に十分に織り込まれていない銘柄である。我々が特定の「スタイル」の投資を好む投資家と違う点は、スタイル区分の存在しないファンダメンタルズの変化を重視していることである。

「万事変わりゆくことを悟れば、しがみつこうとするものなどなくなる」古代中国の思想家・老子の言葉

我々があまりにもよく目にするのは、投資資金の配分決定者が従来はうまくいったものの現在では適切でなくなっている見解や戦略にしがみつこうとしている姿だ。 [22] アジアのように変化の速い地域において、そうした独断的なアプローチは長期的には平均以下のパフォーマンスをもたらす可能性が高い。

したがって、変化を先取りし理解しようとすることが我々のアプローチ全体の柱となっている。

米国の作家ウィリアム・アーサー・ウォード曰く、「悲観的な者は出てきた風に不満を漏らし、楽観的な者は状況が変わると期待し、現実的な者は帆を調整する」のである。

参考文献

  1. "Diffusion of Innovations" Everett M. Rogers (1962)
  2. "The Change Function: Why Some Technologies Take Off and Others Crash and Burn" Pip Coburn
  3. "Bubbles & Crashes: The Boom ファンダメンタルズ分析の特徴 and Bust of Technological Innovation" Brent Goldfarb & David Kirsch
  4. "Engines That Move Markets" Alasdair Nairn
  5. "When do family firms have an advantage in transitioning economies" ER Banalieva (2015)
  6. "The Essays of Warren Buffet: Lessons ファンダメンタルズ分析の特徴 for Corporate America", Lawrence A. Cunningham
  7. "Measuring the Moat: Assessing the Magnitude and Sustainability of Value Creation"; “Capital Allocation”, Mauboussin and Callahan, Credit Suisse (2014, 2015)
  8. "Firms and the Competitive Advantage Period" Brett C. Olsen (2013)
  9. "Family Ownership and financial performance relations in emerging markets" Wang, Kun Tracy & Shailer, Greg, 2017
  10. "Asian Godfathers" & "How Asia ファンダメンタルズ分析の特徴 Works", Joe Studwell
  11. “The Unusual Billionaires” Saurabh Mukherjea
  12. "ESG and Financial Performance: Aggregated evidence from more than 2000 empirical studies" G. Friede (ファンダメンタルズ分析の特徴 2015)
  13. "Investing for long-term value creation" Dirk Schoenmaker (2019)
  14. "Where ESG Fails" Michael E. Porter, Institutional Investor (2019)
  15. "Competitive Strategy" Michael Porter (1980)
  16. “Total ファンダメンタルズ分析の特徴 Addressable Market" and "The Base Rate Book - Sales Growth: Integrating the past to Better Anticipate the Future” Michael Mauboussin and Callahan, Credit Suisse (2015)
  17. "Book Value is an Incomplete Measure of Firm Size" Brent Leadbetter (2020)ファンダメンタルズ分析の特徴
  18. “Something of Value” Howard Marks (2021)
  19. CFA Level II, Volume 4 - Equity
  20. "What does a Price-Earnings Multiple Mean"; “Estimating the Cost of Capital”, Mauboussin and Callahan, Credit Suisse (2014, 2015)
  21. “Investment Valuation: Tools and Techniques for Determining the Value of ファンダメンタルズ分析の特徴 Any Asset” Aswath Damodaran
  22. “Adaptive Markets Hypothesis” Andrew Lo (2017)

投資顧問契約及び投資一任契約にかかる留意事項

(1) 価格変動リスク
(2) 流動性リスク
(3) 信用リスク
(4) 為替変動リスク
(5) カントリーリスク
(6) デリバティブリスク
(7) マーケット・ニュートラル戦略およびロング・ショート戦略固有のリスク

「売り板が薄い」と株価はどうなる?板の変動からできる分析

売り板薄い

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

資金ゼロから株で資産を築く方法

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する ファンダメンタルズ分析の特徴 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 最も効率的な資産運用の形 株式投資を始めとする…

  • 2021年6月29日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

株であなたが勝てない理由は?

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する ファンダメンタルズ分析の特徴 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資というと、あなたはどんなイメージを持ってい…

  • 2020年10月6日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ネックラインとは?正しいラインの引き方とエントリーポイント

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資のネックラインとは 株式投資を効率良く運用…

  • 2022年4月11日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

売り枯れ銘柄の判断方法|チャートの見極め方を伝授

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資は売り枯れ銘柄を判断すべし これまで多くの…

  • 2022年3月28日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

大口の株の見分け方|仕手株の手口を知って危険な罠を回避せよ

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 仕手株とは株式投資で大きく儲けるにはできる限りボラ…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる